glo(グロー)の感想!臭いや使い勝手は?味が微妙で美味しくないかも・・・

現在東京でも発売され品薄状態のglo(グロー)が手元にやってきました。

スポンサーリンク

実際に使用してみて味や臭いの感想や使い勝手、気になったところや不満点などを先発機アイコスと比較しながらレビューしていきたいと思います。

gloはこんな感じ!

 

全長は高さ8.5cm×幅4.4cm×厚さ2.2cm(素人採寸のため誤差は容赦ください)
アイコスのケースよりひと回り小さい感じですね。

 

こちらが反対側。

こちらは上部、ネオスティックを入れる口。
使わない時は楕円状シルバーのフタをスライドさせてスティックの差し込み口をカバーできます。

こちらが底面、充電のUSB端子とその左にはクリーニング用の口。

充電はもはや説明の必要がありませんよね(笑)
付属のACアダプターとUSBケーブルを使ったり、パソコンやスマホなどの充電器からもできちゃいます。

環境によって充電時間は変わりますが、2~4時間で完了!

完了すると本体の丸いLEDが消えるので簡単です。

購入時にセットでブラシが付属してきます。
一パックごとにクリーニング推奨だそう。

ちなみに細っそい綿棒でも掃除できました。

吸い方は?

 

専用のスティックは極細タイプのタバコと見た目がそっくり。
このまま火をつけて・・・なんて出来ちゃいそうな感じですがそれはNG!

これを本体に差し込みます。
スティックには”ここまで”という点線が入っていますので過不足無く丁度いい具合に差します。

そして○ボタンを3秒押すと加熱スタート。

そこから時間が約40秒して丸いライトが一周したら再び振動するのでそこから3分間ほど楽しむことが出来ます。

使用時間の終わりが近づくと、○ボタンの12時〜3時部分だけが点灯した状態になり軽く振動します。

その後、数十秒すると電源が自然と切れるという流れになります。

 

味、臭いはどんな感じ?

 

結局一番気になるのはここですよね。

現在3種類

  • レギュラー
    ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ
  • さわやかメンソール
    ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス
  • 強メンソール
    ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ

発売されていますが、アイコスの経験上(アイコスの場合は味的にメンソール一択!)ここは一番強いメンソールが無難かと思い買ってみました。

スポンサーリンク

味は?

その味ですが、ニコチンは確かにしっかり感じます

そして同じ加熱式のアイコスでも同じコーンというかパンのような風味を感じましたが、gloの方がその風味が確実に強いです。
そしてタバコ特有の苦みというか雑味が鋭くて強め

この味に関してはかなり好き嫌いが別れるような気がしますね。
慣れれば・・・ということなのかもしれませんがどうなんでしょうか?

メンソールのすっきり感はgloの方が断然あるのですが、他がなんとも・・・
んー、1箱消化するころには慣れるのかな?

後日追記

一箱終わる頃ですが、やはり”おいしい”とは思えなくて正直微妙ですね。
この独特な風味の強さが好きになれればなぁ。

煙、臭いは?

煙、というか水蒸気はアイコスとほぼ変わりませんね。

アイコス同様周りで吸っている人がいると”臭い”でわかります。
”あの”臭いです!

使い勝手、気になったこと

こちらもライバル機アイコスと比べ良い部分や、ちょっと・・・というところがあります。

連続して吸える

グローでは加熱時間40秒さえ待てば連続して吸うことが出来ます!
アイコスは1本吸ったら6分待たなければ再び吸うことができませんが、gloは続けて吸うことが可能です。

アイコスのように1本吸ったらチャージに6分待たなければ次の1本が吸えないというような制限はありません。

これはチェーンスモーカーにとってはアドバンテージですね!
ただカラダにはどうなのか・・・という問題もあるとは思いますが。

加熱時間

アイコスの加熱時間は20秒なのに対して、グローは倍の40秒かかります。

吸いたい時にすぐ吸えるかどうかって結構重要じゃないですか!?

1本の吸引時間

吸引回数ではなく完全に時間が決まっているというのがgloの特徴です。
その時間が3分
それに対しアイコスの喫煙時間は14吸い、もしくは6分です。

平均的なタバコの吸う回数は14吸いということで、そこにかかる時間が平均3分程と言われていますがゆっくり吸いたいときはアイコスの方が安心して楽しめますね。

 

ちなみにアイコスのヒートスティックの価格は1箱20本入り460円、それに対しgloのネオスティックは1箱20本入り420円。

コスパに関してはどちらもほぼ変わらないのかも!
という気がします。

本体一回の充電で

gloは満充電で、ネオスティック35本分の使用が可能とうたっていますが、アイコスも3~40本の使用が可能です。
ここについてもほぼ変わらないと考えて良さそうです。

 

まとめ

今回試してみたgloですが、味がアイコスよりもより微妙かな、という感じです。
やっぱりパンっぽさがどうしても強くて慣れないです。
ですがメンソールの強さはいい感じですね。

持った感じがタバコっぽくないので気持ち的に味が微妙!って感じたのかな?

そして機能的な面ですが
ゆっくり楽しみたいときでも3分で終了というところや、加熱に少し時間がかかるというところが人によっては”ストレス”に感じることがあるかもしれません。
逆に続けて楽しみたい方にはよいかも

これは楽しみ方のスタイルによるかと思います。

結果

独断ですが総合的にはやはり””でアイコスの方がいいかな
という結果です。

さらに個人的にはアイコスのカスタマイズ性もポイント○だったりするので。
gloは一体型なので今後もケースくらいしか変えられなそうだし。

 

ということで選ぶ際、みなさんのご参考になれば幸いです!!!
それでは〜

スポンサーリンク